ミックスボイスを出す秘訣「腹式呼吸」ってどうやって出せるようになるの?

高い声を滑らかに出すための発声方法「ミックスボイス」。これを上手く発するための一つとして「腹式呼吸」が重要だと言われています。きっと、多くの方が腹式呼吸という言葉に馴染みがあると思います。しかし、いざやろうとしても中々出来ないのが現実でしょう。そして、どうやったら出せるようになるのかと疑問をお持ちになっているはずです。そこで今回は、腹式呼吸のやり方についてご紹介します。一緒に知識を深め、腹式呼吸をマスターしていきましょう。

そもそも腹式呼吸とは

一般的に知られている呼吸は「胸式呼吸」です。これは、人が普通に生活している上で行われる自然の呼吸方法のことで、例えば体を動かすといった動作を伴っている時に行われています。わかりやすく言えば「胸(肺)」を主として息をすることを指します。

これに対して腹式呼吸は、「お腹(横隔幕)」を利用して息をすることを指します。よくリラックスをする際に深呼吸を行いますよね。そうした時に行われる呼吸が腹式呼吸です。なお、ほとんどの場合、歌を歌っている際の高い音は、この呼吸方法が用いられています。

どうして歌には腹式呼吸?

実は歌を歌っている時、首や胸、肩などに力が入ってしまうと、喉が閉じてしまい滑らかな音を出せなくなってしまいます。それが原因で、声が変に裏返ってしまったり、音痴になったりしてしまうのです。

音をうまく出すには、余計な力を入れずにリラックスした状態で声を発することが大切です。そして、それを行えるのが腹式呼吸です。腹式呼吸をすると余計な筋肉を使うことがないので、空気がよく入り、自然と声も滑らかになります。そのため、ボイススクールなどでも腹式呼吸のレッスンが行われています。

どうすれば腹式呼吸ができる?

では、実際にどうすれば腹式呼吸を出来るようになるか、ここでご説明しますね。

腹式呼吸を行う際はリラックスすることが大切なので、まずは体全体の力を抜きます。その後、お腹を意識しながら、ゆっくり鼻から息を吸い、約2~3秒間息を止めます。そして、口からゆっくり息を吐いていきます。これを繰り返すことで、腹式呼吸が出来るようになると言われています。じきに慣れてきたら、座りながらやってみたり、体を動かしながらやってみたりしましょう。ここまで出来るようになると、声を発する際にも滞りなくできると言われていますので、歌を歌う際にも上手く応用することができるはずです。

ミックスボイスを滑らかに出せるかどうかが、歌の上手さを左右することもあります。そのミックスボイスを上手く発するための一つとして腹式呼吸が大切になってきます。そして、腹式呼吸をマスターするためには、さきほどご紹介した方法を地道に積み重ねることが重要です。ぜひ練習してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る